ボーカルボイストレーニングスクールでイメージどおりの歌手を目指す!

トップページボーカルボイストレーニングの基本 【2-2】 胸式呼吸と腹式呼吸のしくみ

これがボイストレーニングの基本
このエントリーをはてなブックマークに追加

- 【2-2】 胸式呼吸と腹式呼吸のしくみ

胸式呼吸と腹式呼吸、それぞれの仕組みをくらべて 違いをみてみましょう。

□胸式呼吸
胸式呼吸だと肺を覆っている骨(ろっ骨)が広がり、肺が横へ膨らんで広がります(肺の上の方に空気が入る感じですね)。この時、胸や肩や首の筋肉をつかうので、その部分は緊張して力が入り堅くなってしまいます。当然、喉にも力が入りリラックスした状態に保つことができません。歌う場合には、たくさんの空気を素早く吸う必要があるため、さらに筋肉を強く動かし、喉が一層緊張して堅くなってしまいます。喉が堅くなると発声がしにくくなるため、胸式呼吸はヴォーカルには向きません。

□腹式呼吸

腹式呼吸をすると、肺の下(みぞおちの上辺り)にある横隔膜が下がります。この横隔膜は肺と胃の間にあって、胴体を仕切るように位置しています。息を吸うと横隔膜が下がり、肺の下方に空気が入ってお腹が膨らみます。

腹式呼吸は息を吸う時に肺を横に広げることはありません。つまり、呼吸時に胸や肩の筋肉を使わないので、喉をリラックスさせた状態にできます。

★胸式呼吸は息を吸う時に肩や胸を使うので、喉にも力が入ってしまう。
★腹式呼吸は喉がリラックスした状態になる。つまりボーカルトレーニングでは腹式呼吸を使う。

ボーカル オンラインレッスンの音楽スクール
正しい姿勢をおぼえよう
腹式呼吸について
腹式呼吸をやってみよう!
息つぎ(ブレス)のテク
これがベストな発声方法!
口の開け方はとても大切!
高音域の出し方
カラオケボックスで練習する
なぜスクールに通うと上手くなるの?
良いボーカルスクールを選ぶには?
インタビューしてみました!
ボイストレーニングQ&A