ボーカルボイストレーニングスクールでイメージどおりの歌手を目指す!

トップページボイストレーニングの基本 【6】 無理のない正しい発声練習方法 ~ベストな発声練習方法はこれだ~

ボイトレ講座 ベストな発声練習方法はこれだ!

- 【6】 無理のない正しい発声練習方法

発声の仕組みや練習上の注意点がわかったところで、今度は喉に負担がかからない声の出し方をみてみましょう。
プロのヴォーカリストが長時間歌っても大丈夫なのは、喉の力を抜いた状態で発声ができるからです。
ここでは、喉に力を入れない歌の発声法を身につける練習をします。

まず、腹式呼吸で静かに呼吸をしてください。
腹式呼吸がちゃんとできたら、息を吐くときに少し口を開けて、ため息をつくように
「ハァ~」っと息を吐いてください。
勢いをつけて吐くと喉に力が入ってしまいます。喉に力が入らない練習が大切です。

このため息に軽く音をのせる感じで「アー」っと声を出してみてください。
まず、ため息のように息を吐き、次に、息を吐くのと同じような感じで軽く「アー」と声を出してみます。
声を出したときに喉に力が入らないように繰り返しおこなってください。

ここでの「アー」の声は、喉の力を抜くためにハッキリした「アー」よりも、自然な息まじりのぼんやりした声になります。慣れてきたら「アー」を長くのばしたり、高くしたりして練習してみましょう。

軽い感じで「アー」と声を出せたら、音程をつけて歌ってみましょう。息を軽く音程にのせる感じです。
ポイントは、腹式呼吸で息をして、喉の力を抜きながらおこなうことです。

ボーカル オンラインレッスンの音楽スクール
正しい姿勢をおぼえよう
腹式呼吸について
腹式呼吸をやってみよう!
息つぎ(ブレス)のテク
これがベストな発声方法!
口の開け方はとても大切!
高音域の出し方
カラオケボックスで練習する
なぜスクールに通うと上手くなるの?
良いボーカルスクールを選ぶには?
インタビューしてみました!